ネイティブスピード

nspeed

>>公開は終了しました<<

英語を話す外国人のナチュナルなスピードが速すぎて、全く聞き取れずに何を言っているのか
理解ができなかった
という経験はありませんか?

英会話スクールで話すネイティブとは会話ができても、イギリスやアメリカなどで英語を話す
ネイティブとは会話自体が成立しない状況に愕然としたことがあるかもしれません。

あなたがナチュラルスピードの英語を理解できないのも当然であって、1分間で約560~580語
を話すのが一般的ですから、日本人の平均である90語と比べてあまりにも違いすぎるのです。

高速道路を走る自動車をママチャリで追いかけるほどの違いと言ってもいいでしょう。
どう考えても追いつくわけがないのです。

しかし、当然ながらネイティブたちは1分間で約560~580語という高速スピードで会話をして
いても内容はすべてわかっているわけですが、いったいなにが違うのでしょうか?

その理由として、アメリカ人言語学者のスコットペリーさんは、単語単位で理解をするのでは
なく、まとまった「音の固まり」が意味を持つという点に着目しました。

「What time is it now?」と単語を一つづつ聞こうとするのではなく「掘った芋いじるな」と
ひとかたまりで意味を取ることで、ネイティブスピードであっても英会話が理解できるように
なるだけでなく、あなたも同じスピードで会話ができるようになるのです。

「掘った芋いじるな」などというのは、英語の発音がまともに出来ないような残念な人といった
イメージでとらえられがちですが、実はネイティブの英会話につながる重要なポイントだったの
です。

もちろん、「掘った芋いじるな」とそのまま読んでも、英語では入らない母音が数多く入ること
から、発音がおかしくなってしまい、相手は理解ができませんので、あくまでもたとえ話として
理解して下さい。

そこで、スコットペリーさんが、独学でもネイティブスピードの英会話が理解できるようになる
ための教材を作成したのですが、あなたも試してみませんか?

このページの先頭へ