笑伝塾動画講座「笑いが起きる会話のきっかけづくり」

warai

checkout

円滑なコミュニケーションをはかるためには「笑い」が必要
だというのは、笑伝塾塾長の殿村政明さんです。

笑い」というと、嘲笑や悪ふざけ、おふざけなどといった悪いイメージがつきものですが、
殿村さんが求めるのは話し相手の緊張を取ってリラックスさせたり、リアクションをきっちり
取って相手を喋りやすくさせるといった「大人の上質な気配り」だと言います。

「笑い」というのは決して下品なものばかりではなく、知的な気配りの現れでもあります。

もちろん、TPOをわきまえずに、蔑むために冷笑することだけを目的として「笑い」をとるの
は知的でも何でもありませんので誤解しないように注意して下さい。

さて、あなたは「笑い」をコミュニケーションの円滑剤として使いこなせていますか?

芸人のようにセンスや才能がないと無理だとか、全く受けなくても勢いで押しきるだけの度胸
がないと無理だと思っているかもしれませんが、殿村さんはちょっとしたテクニックとコツを
つかめば誰でもマスターして「笑い」を実践することは可能
だといいます。

殿村さんが主宰する笑伝塾で1万名以上の受講生が実績を証明しているからです。

塾生たちはビジネスシーンやプライベートで活用することで、コミュニケーションの円滑化に
成功しているわけですが、あなたも笑伝塾に参加したいと思っても時間が合わないなどの事情
によって参加できない場合もある
でしょう。

笑伝塾のある東京三軒茶屋まで定期的に通えないという遠方在住の人も多いと思います。
そこで、自宅などで動画を見ながら教室と同じように学べる講座が役立ちます。

それが「笑伝塾動画講座」です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ