行政書士試験・起死回生マニュアル

gyoshosi

checkout

1日2時間の勉強で、147日間で行政書士試験に合格したくありませんか?

1日2時間と言っても、机に座ってじっくりと勉強した時間ではなく、仕事やバイト、他の学業の
合間やスキマ時間を足しあわせた合計が2時間ですから、通勤・通学や移動時間、休み時間などを
有効活用すれば、忙しい生活の中でも無理なく勉強時間を確保できると思います。

300時間の勉強で合格できるわけがない
と、あなたは思っているかもしれません。

しかし、3600名以上の行政書士試験受験生が実践して効果を出している方法があります。
それが「行政書士試験・起死回生マニュアル」です。

行政書士試験・起死回生マニュアルを実践するにあたって、現時点で法律的な知識を身につけて
いる必要はありません。

それこそ、「憲法違反で逮捕」とか、強盗しても民間人同士のいさかいだから「民事不介入」で
逮捕されないなどの奇妙な知識しか持ち合わせていなかったとしても全く問題ありません。

それよりも重要なのは「生活サイクルに勉強時間を上手に組み込む」事だと強調するのは、行政
書士で行政書士試験・起死回生マニュアル作成者の坂庭勉さんです。

並行して隙間時間を効率的に活用する学習をすることが、行政書士試験に短期合格する近道だと
坂庭さんは強調しますが、行政書士試験では簡単には覚えられない事が大量にあるにも関わらず
具体的にどうすればいいのかと疑問に感じていると思います。

「行政書士試験・起死回生マニュアル」を読めば分かると、身も蓋もない答えをすればそれまで
ですが、あくまでも行政書士試験についての学習法について書いたマニュアルですので、教材は
あなたが別途用意する必要があります。

スキマ時間を効率よく活用できる教材の選択法は行政書士試験・起死回生マニュアルで解説して
いますし、悩んだ時にはサポートに相談すればよく、一人で悶々と苦しむ必要はありません。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ