ゴールキーパー育成プログラム

goalkeep

checkout

サッカーのゴールキーパー指導で困っていませんか?

ゴールキーパー経験があったとしても、ゴールキーパーに特化したトレーニングを受けたことが
ないというケースは決して珍しくありませんし、そもそも、ゴールキーパー経験がなければ何を
教えればいいのか分からない
という状況ではないかと思います。

サッカー指導について書かれた書籍を読んだり、ゴールキーパー経験者に話を聞くなどして適切
な指導法を身につけようと努力をしてきたかもしれませんが、どうしても自己流の指導になって
しまう傾向があり、自信を持って教えられないというジレンマに苦しんでいるかもしれません。

元駒澤大学高等学校サッカー部コーチの園部大介さんは現役時代からゴールキーパーとして活躍
していましたが、「ゴールキーパーが修得するべきポイント」をしっかりとおさえておかないと
漠然とした練習を続けていても上達するのは難しい
と指摘します。

具体的には、スタンス・キャッチング・セービング・ディフレクティング・ポジショニングなど
ゴールキーパーとして必要不可欠な動作をレベルアップさせるポイントや、キーパーで良くある
勘違いなどを指摘することで、試合の流れにおけるゴールキーパーのあり方を理解させることが
できます。

キーパーはゴールを守るのが最も重要なミッションであることは言うまでもありませんが、盲点
となりやすいのが「ゴールキーパーは11人目のフィールドプレイヤー」であるという意識です。

といっても、フォワードとして攻撃させたりするのではなく、ゴールでキャッチした後に速攻を
しかけるといった意識や、フィールドプレイヤーとのコミュニケーションの取り方などは欠かせ
ないポイントです。

これらは、ゴールキーパー経験があっても、ついつい見落としがちなポイントではありますが、
ゴールキーパー指導には欠かせません。

そこで役立つのが「ゴールキーパー育成プログラム」です。

園部さんが全くのゴールキーパー未経験者でも「ゴールキーパー指導」ができるように指導法を
教えるDVD動画マニュアルです。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ