感情の法則オーディオセミナー

kanjo

checkout

あなたは、自分の感情を思い通りにコントロールできていますか?

多くの人が「はい」と答えるでしょうが、実際には真逆の結果になっていることも珍しくないと
いったら驚くのではないでしょうか。

例えば、あなたは「ヨナ・コンプレックス」を知っていますか?

といっても、キム・ヨナに対する好き嫌いを尋ねているわけではなく、旧約聖書に出てくるヨナ
という青年を用いた心理的なジレンマについての説明ですから、「ヨナ」コンプレックスという
名称なのです。

端的に言えば、最高の自分を発揮する力を抑制するという無意識の習性をあらわしたものであり
「成功を恐れる」といえば、刺激的な印象を受けるかもしれません。

「成功したい」という気持ちを持って取り組んでいるのに「成功を恐れる」というのは矛盾して
いるじゃないか
と、あなたも思わず言いたくなるかもしれませんが、人間であれば誰しも普通に
抱いている人間感情の一つ
だといったら驚くのではないでしょうか。

このヨナ・コンプレックスも無意識のうちに出てくる悪癖の一つですから、意識的に抑えようと
しても完全に抑えこむのは難しいわけですが、ヨナ・コンプレックスという存在を知っていれば
「傾向と対策」ではありませんがヨナ・コンプレックスを克服することも可能になるわけです。

何事においても、原因が分からなければ対策のとりようがありませんから、何もしない方がいい
といった対応をとりがちですし、人間本能も現状維持こそが最適だと古代からの経験を元にして
叩きこまれていますので、そう簡単に変えられるものではありません。

現代社会で必要なのは「感情の進化」だと指摘をするのは伊藤新太郎さんですが、現状維持では
生存できるどころか、逆に悪化するだけという状況に変わってしまったからです。

しかし、学校では「感情の進化」の具体的な手順は学べませんし、感情を進化させるために必要
不可欠な「感情の法則」を学ぶ機会もありません。

その一方、従来型の「感情の現状維持」を前提とした刷り込みや洗脳はいたるところに出現して
いますから、何もしなければ改善することはありません。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ