ソフトボール強豪チームの練習メニュー拝見!ソフ研取材シリーズ4本セット

sofken

checkout

ソフトボールの強豪チームが、毎日、どのような練習をしているか、あなたは知っていますか?

うちのチームと違って選手のレベルが高いから、日常的に高度なトレーニングをしているのでは
ないか
と思っているかもしれませんね。

確かに、強豪チームではスカウトなどで高いレベルの選手が集まりやすい状況にあることは事実
ですし、選手間でレギュラーを目指す激しい競争が日夜繰り広げられていることもあって、常に
高いモチベーションを維持し続けている事も大きな違いだと言えるでしょう。

やる気のない選手がダラダラと義務的に練習するのと、ライバルを蹴落として自らポジションを
獲得するべく、必死になって努力をし続けている選手が積極的に練習に取り組むのとでは雲泥の
差であることはいうまでもありません。

しかし、スカウトなどで優秀な人材をかき集めることが出来ない不利な状況にある公立学校でも
ソフトボールの強豪チームは存在しており、全くの未経験者から内部育成だけで成長するという
ことも可能
なのです。

そこで、ソフトボール上達練習法研究会の加藤由香さんらが強豪チームに足を運び、練習状況を
実際に見た上で、指導者にインタビューするという形式で丸裸にする「ソフ研取材シリーズ4本
セット
」が一般公開されています。

ソフ研取材シリーズ4本セットで取材対象となったのは、以下の4チームです。

  • 私立多治見西高校
  • 私立園田学園女子大学
  • 私立鈴鹿国際大学
  • 京都市立樫原中学校

もちろん、世界トップレベルの高度なトレーニングばかりを見せつけられたところで、あなたが
指導するソフトボールチームでは役に立つことが少ないでしょうから、基礎力を向上させる練習
メニューや、試合を想定した状況対応型の練習
などについて学ぶことが出来ます。

また、練習環境や練習時間に制約があったり、練習道具が不足しており、練習量が不足しがちな
チームであっても高い成果を出すための工夫
についても学べます。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ