Simple English Magic 81(シンプルイングリッシュ)

s-english

checkout

フレーズ暗記型の英会話教材は使えないという話をよく聞きます。
あなたも一度は聞いたことがあるかもしれません。

たしかに、マクドナルドなどのように決まりきった応対しか行わない場合だと、店員の画一的な
問い合わせに対して決まりきった言葉を答えればいいだけですから、フレーズ丸暗記であっても
全く問題ありません。

しかし、ビジネスシーンはもちろんのこと、日常会話であっても、雑談で決まりきった言葉しか
出てこないということはまず考えられませんから、さまざまな話題が出ては消えていくというの
が一般的ですが、フレーズ丸暗記だと全く応用が効かないのです。

暗記したフレーズの一部分を別の単語にするという程度は思いつくかもしれませんが、それでも
レパートリーには限界がありますし、そもそも、相手が何を話しているのか理解できないのでは
ありませんか?

しかし、東京吉祥寺にある英会話スクール「WENSday」講師の酒井一郎さんは、5200名以上を
指導してきた中で、フレーズを単なる「暗記対象」としてではなく、熟語や単語、文法を無理に
暗記しなくても、自然と頭のなかに残すための手段だと考えればいい
と説明します。

これだけでは、何を言っているのか理解できないと思いますが、「Magic81」と酒井さんが呼ぶ
81個の文章を身につけると、日常英会話で必要な1772語の英単語やイディオムと英文法の基礎
がマスターできる
といえば、わかりやすいと思います。

もちろん、英語の書籍を読んだり文章を書くことが目的ではありませんから、発音や聞き取りも
できなければ意味が無いと思うかもしれません。

そこで、「Magic81」だけでなく英語学習にストレスを感じなくするための心理的なアプローチ
から含めたトータルで英語力を伸ばすための教材として「Simple English Magic 81」を酒井
さんは公開しています。

すでに3万名以上が「Simple English Magic 81」を実践しており、自宅などで簡単に取り組める
1日20分のトレーニングを3ヶ月続けることで、日常的な英会話をストレスなく行えるレベルまで
上達
しています。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ