試験に受かるユダヤ式記憶術

yd-kioku

checkout

覚えたものを忘れてしまう
というのは、記憶障害や認知症の患者でなくても、人間であれば誰しも起こる出来事ですが、
せっかく勉強して覚えたことを短期間のうちに忘れてしまって、再度覚え直すといった作業を
何度も繰り返す
というのは苦痛ですよね。

あなたも学生時代の入試や定期テスト、資格試験の勉強などで、何度も経験してきたかもしれ
ません。

もっと記憶力が高ければ良かったのに
と、自分の記憶力の乏しさを嘆いたことはありませんか?

雑誌などで派手な宣伝をしている「記憶術」を実践したことがあるかもしれませんが、まったく
効果が得られずに止めてしまったのではないかと思います。

その原因として、松平勝男さんは、以下の3つの理由をあげています。

  • 長期記憶に残らない
  • 覚えたことを思い出しにくい
  • トレーニングの途中で嫌になる

これらの問題はイメージで記憶するような記憶術に多いと指摘しますが、「理屈」が抜け落ちて
いるのが最大の原因だと松平さんは指摘します。

屁理屈をこねている暇があったら、さっさと覚えろ
といった考え方が支配的ですが、人間の頭に長期間、記憶として残すためには「ごちゃごちゃ」
した理屈こそが必要
だということは意外に知られていないからこそ、「さっさと覚えろ」などと
いった言葉が平気で出てくるわけです。

そうではなく、「思い出す」・「体系化された知識」・「理屈が必要」という3つの要素を全て
満たす「試験に受かるユダヤ式記憶術」を習得すれば、従来の記憶術では全く覚えられなかった
物事を面白いように長期間にわたって覚えられるだけでなく、好きな時に知識として引き出せる
ようになります。

このユダヤ式記憶術は、あなたも日常的に使っている左脳をフル活用する記憶術ですから、無理
せずにマスターできますし、一部だけ忘れてしまって思い出せなくなるような漏れが起こる心配
もなく、一度身につけた記憶を活用して応用ができるようになります。

一問一答形式で暗記した知識ではなかなか応用がききませんが、ユダヤ式記憶術では「理屈」を
活用して知識を幅広く使いこなせるようになることから、応用が利くのです。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ