1時間でアンドロイドアプリを作る方法

andapl

>>公開は終了しました<<

スマホやタブレットで使われているOSとしてはiOSとandroidが2強であり、Windowsは大きく
遅れているという状況ですが、日本国内では携帯電話会社が本体無料+高額キャッシュバックで
iPhoneを大量にばらまいたのにもかかわらず、androidがシェアで圧倒している状況です。

Kantor Worldwideの調査によると、2014年時点でandroidのシェアは64.5%とiOSの31.3%の
2倍以上と大差をつけています。

つまり、スマホアプリを作って公開をするにしても、APP Storeよりもgoogle playのほうが需要
が大きいと言えるわけですが、アプリの作り方がわからないから、作ろうという気にもならない
のではありませんか?

アプリを作ろうという発想すら思いつかないという状況かもしれません。

しかし、androidアプリを作りたいという意欲はあってもプログラミングスキルがないということ
で諦めているのであれば、「1時間でアンドロイドアプリを作る方法」が役立ちます。

あなたが今までにプログラミングをした経験がなく、専門用語などいっさい知らないという状況
だったとしても問題ありません。

合計11時間にもわたる動画を見ることで、単純にスマホアプリが作れるようになるだけでなく、
無料アプリでは珍しくもない広告収入が得られたり、何かビジネスをする人であれば見込み客を
集めるのに効果的なリスト収集にも活用できます。

アプリに合った商品をリストに対して紹介することで、DRMを併用すれば成約率も高められると
いうわけです。

もちろん、ビジネスなどを一切考えずに、あなたが作りたいスマホアプリを自分用に作成しても
構いませんし、フリーウェアとして配布して利用者から喜ばれることを生きがいにするというの
も素晴らしい話です。

このページの先頭へ