時間作成機

jikansz

>>公開は終了しました<<

建前的に「人類皆平等」だといったところで、現実には数多くの不平等がはびこっているという
状況は誰しも実感しているのではないでしょうか。

その一方で、綺麗事などではなく本当に誰もが平等に与えられていることも少なくありません。

誰しも必ず何らかの形で死にますし、1日24時間与えられているというのも皆同じです。
富裕層は金と権力を駆使して1日30時間を過ごしているなどというわけはなく、貧乏人も人格者
も同じように1日24時間を過ごしています。

しかし、セラピストの嵩乃一矢さんは、この平等さえも崩してしまうような事を発言しているの
ですが、あなたはどのように思いますか?

何を言ったのかわからないのにコメントのしようがないだろ
と、思わず言いたくなったのではないでしょうか。

嵩乃さんが言ったのは「時間は増やすことができる」という言葉です。

といっても、1日24時間が一部の選民だけが30時間になるといった話ではなく「時間の使い方」
つまり「時間管理」を徹底化することで1日30時間「相当」、40時間「相当」と有効活用できる
ようになるという話を嵩乃さんがしていたわけです。

あなたも効率よく時間を使うために努力をしてきたとは思いますが、相手の都合に振り回される
などして、なかなか思うように効率化出来なかったのではないかと思います。

しかし、「成功者」と呼ばれる人たちは非常に効率的な時間の使い方をしていて、あなたが普段
行っているような「時間管理」という枠を越えた「時間の使い方」をしている
と言ったら驚くの
ではないでしょうか。

成功者は「時間」ではなく「行動」を管理しています。
時間に合わせて行動をするのではなく、行動に合わせて時間を使っていくのです。

こうすることで、時間管理では無駄が起こりやすいスキマ時間を行動で埋められますから、効率
よく1日を過ごせるようになるわけですが、行動管理を最適化できずに失敗している人が非常に
多い
と嵩乃さんは指摘します。

行動管理の最適化の方法を知らないのが原因なのです。

このページの先頭へ