「東大式記憶術」ケアマネ試験一発合格法

careman

checkout

ケアマネ試験」は「介護支援専門員試験」というのが正式名称ですが、2015年に行われる
第18回試験から制度変更が行われることは、あなたも知っていると思います。

具体的には、特定の資格保有者に認められていた免除科目が全て無くなり、全ての受験生が
全ての問題を解答することになるわけですが、さらには、それに合わせてというべきなのか
介護保険法の改正が2014年7月に国会で通過し2015年から実施されます。

つまり、第18回試験以降は、新たな介護保険法で問題が出題されることになるわけです。

これからケアマネ試験を受ける人であればまだしも、今回、現行制度下での最後の試験でも
残念ながら合格できなかった人にとっては、大きな負担をしてのしかかってくることになる
わけです。

要するに、今までにケアマネ試験を受験した人が「振り出しに戻る」状態になったといって
も過言ではありません。

ケアマネ試験の基本テキストが膨大な事は、あなたも嫌というほど知っているとは思います
が、全てを最初から勉強するというだけでも億劫に感じるのではないでしょうか。

もちろん、司法試験などのように、全てのページの内容を一言も漏らさず丸暗記したり理解
しなければ合格できないというようなことはなく、頻出事項を中心に効率よく身に付ければ
合格ラインを上回ることは難しくありません。

ケアマネ試験の合格率が15%~20%の範囲で安定するようになってきましたから、それほど
難しく感じることは少ないと思いますが、問題数が多いことから最後まで解けずに終わると
いうのは避けたいものです。

そこで役立つのが、「東大式記憶術」ケアマネ試験一発合格法です。

10年以上のキャリアを持つ現役ケアマネージャーの山口あきこさんと記憶術の専門家として
知られる浅田哲臣さんの「東大式記憶術」がコラボをすることで、記憶力の低下に悩むこと
が珍しくない中高年受験生でも無理なく覚えるべきことは覚えられるようになります。

もちろん、あなたが優等生だったとか、過去の試験の成績がどうだからといって、「東大式
記憶術」ケアマネ試験一発合格法を実践するのに障害になるようなことはありません。

教材に従って「正しい勉強」を続けるだけで、自然と身につくことが実感できます。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ