成績がイイ子の親が実践している「10の鉄則」

10hosoku

checkout

優等生と劣等生とでは何が違うのでしょうか?
その答えは「」にあると指摘をするのは、成績向上委員会のストロング宮迫さんです。

他人に責任転嫁をするな、愚か者
と、思わず文句を言いたくなったかもしれませんね。

親だけがやる気になったところで、勉強をしなければいけない本人が何もしなければ意味が無い
じゃないかと指摘したくなるものですが、数多くの親子を見てきたというストロング宮迫さんが
発見した統計的事実
ですから、思わず唸ってしまうかもしれませんね。

1000組以上の親子のデータともなれば、それなりに信憑性も出てくるものです。

それでは、「成績が優れている子供の親」と「劣等生の親」とでは、具体的にどのような違いが
あるでしょうか?

サボっていたら勉強するように口やかましく説教する頻度の違いといったようなものではなく、
子供がやる気を失っているようであれば、やる気を出すように促したり、とにかく勉強をすれば
いいというのではなく、効率よく勉強するための方法を教えると言った具合に、違いがあるもの
です。

その具体的なポイントを10種類にまとめた上で、優等生ではない親であっても実践できるように
分かりやすく解説したマニュアルをストロング宮迫さんが作成しました。

それが、成績がイイ子の親が実践している「10の鉄則」です。
大きく以下の3種類の項目にわかれています。

  • 子供への接し方
  • 勉強への取り組み方
  • 勉強のやり方

もちろん、あなたが学生時代に劣等生だったとしても、全く問題ありません。
勉強を教えるのではないわけですから、そちらは学習塾や家庭教師、個別指導の先生に任せれば
いいわけですし、独学であっても徐々に伸びていくものです。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ