ソフトボール・レベルスイング習得プログラム

sblvsing

checkout

ソフトボールのバッティングで、思い通りに相手ピッチャーを攻略することができずに困って
いませんか?

四死球を連発して自滅するようなタイプのピッチャーでもない限り、試合に勝つためには相手
ピッチャーを打ち崩さなければいけないことは言うまでもない事実です。

打率や出塁率を高めるためには、苦手な球種やコースを可能な限り減らすことが重要だと指摘
するのは、須磨ノ浦女子高等学校ソフトボール部元監督で現在は部長の才野眞さんです。

その上で、ボール球に手を出さないようになれば、フォアボールで出塁することが可能になる
わけですから、あなたが、パワーヒッターや安打製造機など、どのようなタイプのバッターを
目指すにしても、この3つのポイントは抑えておく必要があります。

ソフトボールでは一般的にダウンスイングがいいとされていますが、現代のソフトボールでは
すでに時代遅れだと指摘をする人が増えている一方、それだったらアッパースイングであれば
いいのかと必ずしも正しいとは言い切れません。

才野さんは、スタンダードなレベルスイング(水平打法)がベストだと言います。

アッパーでもダウンでもないため、変化球にも対応しやすく直球でも遅れにくいという具合に
弱点が少ないことがレベルスイングのメリットですが、とにかくバットを水平にして素振りを
したり、バッティング練習をすればするほど上達できるというわけでもありません。

弱小チームが朝から晩までがむしゃらに練習をしても、的確な指導者がいるチームに勝てない
というケースは珍しくもないものです。

もちろん、練習自体が無駄だと言っているわけではなく、何の根拠もないままに練習時間だけ
長くしたところで成果は出ないという指摘をしています。

それこそ時間の無駄でしかなく、同じ時間を確保して練習するのであれば、正しい知識を身に
つけた上で練習をしたほうがいい
のです。

そこで、才野さんがソフトボールのバッティング練習の効果を最大限まで高めるための正しい
知識を習得できるDVD動画教材を作成しました。

それが「ソフトボール・レベルスイング習得プログラム」です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ