わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの「ドリブル基礎トレーニング初級編」

drible

checkout

少年サッカーでもっとも重要な動作は「ドリブル」だと指摘するのは、千葉県の少年サッカー
チーム「JSC CHIBA」代表の川島和彦さんです。

どうしてドリブルなのでしょうか?

一言で言えば、ボールを「止める」「運ぶ」「蹴る」というサッカーで必要不可欠な基礎動作
の練習を一度にまとめて行えるのがドリブル
だからです。

ドリブルが思い通りにできるようになると、相手チームの選手にボールを奪われるようなこと
もなくなれば、パスの正確さも増してきますし、シュートを打てるようにもなるわけです。

しかし、ドリブル練習自体が単調になりやすい上、サッカーチーム内の練習でもウォーミング
アップ程度で行われることが一般的ですから、全くと言っていいほど重視されていません。

時間があれば個人で勝手に練習すればいいといったスタンスのところが少なくないものです。
あなたも同じように考えているのではないでしょうか?

ただでさえ単調で飽きっぽい練習というのは続きませんから、ドリブルをするように怒鳴った
ところで適当にサボるだけですし、無理にドリブル練習をさせてもほとんど上達しない場合も
珍しくありません。

だからこそ、伸びてこない奴は容赦なく見捨てて、見込みのある選手だけを集中的に指導する
というスタンスになりやすいのですが、チーム内に有力な選手がいればまだしも、全滅に近い
状態のチームだと全く戦力強化に繋がらないと頭を抱えることになるわけです。

あなたも、このような状況に追い込まれているのではないでしょうか。

そこで川島さんが、集中してドリブル練習に取り組みながらレベルアップがはかれる指導法を
動画マニュアルにまとめました。

それが、わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの「ドリブル基礎トレーニング初級編」です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ