保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」

hoikusi

checkout

幼稚園と保育園が認定こども園へ一本化して、保育士試験が廃止されるといった話は今までに
何度も出ては消えているわけですが、現時点では全くわかりません。

また、こども園に勤務できる「保育教諭」が新たに設けられましたが、現時点では保育教諭に
直接なることは出来ず、最初に幼稚園教諭・保育士のどちらかになり、もう一方の資格を取得
するという流れしか用意されていません。

幼稚園教諭になるための試験はありませんから、保育士試験に合格して3年間の実務経験の後
幼稚園教員資格認定試験を受けて合格するという流れが最短距離でしょうか。

なお、2020年までに、保育士として3年以上の勤務実績があれば、幼稚園教員資格認定試験を
受験しなくても保育教諭になれる見込みですが、そのタイムリミットが2017年の保育士試験
になる
と見られています。

次回の保育士試験で合格して、保育士として勤務を始めないと特例措置に間に合わなくなり、
幼稚園教員資格認定試験を受験する必要が出るケースも有りますが、この特例試験も何時まで
も行われるわけではありませんから、悠長に構えている暇はありません。

子どもの食と栄養」は旧区分の小児栄養の頃から、毎年のように合格率の低い科目ですから
食事摂取基準だけでなく、授乳・離乳の支援ガイドなどからも幅広く出題されます。

このため、あなたが特に暗記物が苦手だというのであれば、1日でも早く勉強を始める必要が
あります。

そこで役立つのが、保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」です。

【詳しくはこちら】

お知らせ

他科目の「保育士試験科目別リベンジセット」の詳細は以下のリンクからどうぞ。

⇒社会的養護
⇒教育原理
⇒こどもの食と栄養
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒保育実習理論
⇒児童家庭福祉

このページの先頭へ