空気を読める!ボディー・ランゲージ入門

ky

checkout

あなたは「KY」や「空気がよめない」、「アスペ」などと指摘をされたことはありませんか?
頭ごなしに罵られた経験もあるかもしれませんね。

いちいち、こんなことまで言わないと分からないの?
などと罵倒された経験があるかもしれないですね。

特に日本では「同調圧力」や「場を読む」ことが求められる文化が根付いていることもあって
それができなければ排除の対象とされることも珍しくないわけです。

しかし、相手が何を考えているのか判断できないからこそ困っているわけであって、人間には
「口」があるんだから、言葉で説明されなければ分からないという人もいるでしょう。

その一方、初対面であるのにもかかわらず、何も言わなくても全て自分の考えを見透している
ようにしか思えないように感じる人がいることも事実
です。

初対面ですから、事前知識は何も持っていない(会社などでは事前知識として書類などがある
ケースも有ります)のにも関わらず、どうして全てを見透かすことができるのかと疑問に思う
こともあったのではないでしょうか。

その答えとして「ボディー・ランゲージ」があげられます。

「ボディー・ランゲージ」といっても、船乗りが手旗でメッセージを送るようなものではなく
ほんのちょっとした仕草や動きからサインを読み取っているのです。

緊張すると視線が安定せずにキョロキョロしたり、普段は汗が少ない人であっても滝のように
噴き出してくるというのは有名ですが、他にも数多くのボディー・ランゲージが存在します。

ボディー・ランゲージは、それこそ人の数だけ存在すると言われますが、大きく15種類に分類
することができます。

そのボディー・ランゲージの種類と傾向を身に付けることで、言葉に出さなくても話し相手が
何を考えているのか手に取るようにわかるようになるマニュアル
が新たに公開されました。

それが「空気を読める!ボディー・ランゲージ入門」です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ