ゴルフ:何度繰り返しても変わらぬスイング

g-swing

checkout

ゴルフを始めたのはいいけれど、思いどおりにスイングが出来ずに困っていませんか?

スイングしてもボールを当てることが出来ないというレベルから、ボールに当てる前にクラブ
を地面に擦ってしまってボールはコロコロと転がる程度といったタブリやトップ、さらには、
ボールに当てることができてもフックやスライスに悩まされるという具合に、苦労はつきない
のではないでしょうか。

空振りすればボールが減らないからいいじゃないかと自虐的になっているかもしれませんが、
さすがに恥ずかしいですし、さすがに一人よがりが過ぎます。

ゴルフレッスンを受けても、指導者によって正反対のことをいう場合も珍しくありませんから
何が正しいのか分からなくなるでしょうし、入門書や雑誌、ネットに書かれている情報が氾濫
していることもあって混乱しているのではないでしょうか。

指導者の数だけゴルフ理論があるといっても決して過言ではありませんから、正しいフォーム
やスイングなどと言われても、本当に正しいのかと疑いたくなる
かもしれませんね。

そこで、島根県在住の吉岡義さんがクラブの芯(スイートスポット)でボールを当てて遠くに
飛ばせるようにするための「コツ」をまとめたマニュアルが役立ちます。

2つのポイントに気をつけるだけで空振りをすることもなくなれば、飛距離が伸びずに悔しい
思いをすることもなくなり、狙ってもいないスライスやフックに苦しめられる心配もなくなる
というわけです。

なんとかゴルフ理論を一から十まで全て覚えようとしたり、指導者が言うがままにスイングを
全て真似しなければいけないといったような無茶な要求はありませんし、ティーチングプロが
指摘するポイントを虱潰しに潰していくといった面倒で非生産的な「改善」も不要です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ