倉田伸司の「アーリーオフェンスマニュアル」

earlyofs

checkout

弱小バスケットボールチームであっても短期間でチーム力を劇的にアップできる方法といえば
アーリーオフェンス」が一番だと指摘をするのは、バスケットボール指導者の倉田伸司さん
です。

アーリーオフェンスは速攻の「スピード」とセットオフェンスの「有利な陣形」を融合させた
オールコートの攻撃パターンだとして知られており、「長身チーム対策」として非常に有効な
だけでなく、背の小さいチームが大きいチームに勝つためには必須とも言える戦術です。

もちろん、対戦相手と比べて平均身長で圧倒しているチームでも、アーリーオフェンスを採用
する意味は十分にあり、シュート成功率が低い選手ばかりでも攻撃回数を多くもてることから
試合で勝てる可能性がより高くなるわけです。

プロはもちろんのこと学校レベルでもアーリーオフェンスを採用するチームが増えている理由
として、倉田さんは以下の2点をあげています。

  • 実践方法がシンプル
  • 即試合で通用する

しかし、戦術としてはシンプルで即効性が期待できるといっても、簡単にアーリーオフェンス
がマスターできるかというと別の問題だと言わざるを得ません。

アーリーオフェンスは言葉で説明して、試合ですぐに実践できるようなものではありませんし
バスケットボールの基本練習を繰り返してチームプレイといっても、どのように動けばいいの
か、よく分からないというところが実情ではないでしょうか。

そこで、倉田さんがアーリーオフェンスという言葉さえ全く知らない指導者や選手であっても
ゼロからアーリーオフェンスが完璧にこなせるようになるための指導法・練習法をDVD動画に
まとめました。

倉田伸司の「アーリーオフェンスマニュアル」という、何ともわかりやすいタイトルです。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ