ネイティブスピーク

n-speak

checkout

英語の発音というのは、あなたが思っているほど簡単ではありません。

もちろん、「グロービッシュ」といった考え方もあるのですが、その英語を母国語にしている
ネイティブたちが全く相手にしていないだけでなく、ネイティブにはわからない、通じない

いう問題点があることは忘れてはいけません。

あなたが英語を使って非英語圏の人とコミュニケーションをするのであればグロービッシュは
有益だとは思いますが、英語圏の人と会話をするのであればネイティブレベルの英語スキルが
ないと、なかなか会話が通じないのです。

外国人が勝手に考えた「簡易日本語」(実在しませんが)を一方的に話されても日本人が全く
理解できないのと同じような話です。

つまり、あなたが英語圏のネイティブと会話をしようと思えば、最低でも相手に通じる英語を
話す必要があるわけですが、日本人というだけで不利な点がいくつも存在すると指摘するのは
アメリカ人言語学者のスコットペリーさんです。

といってもジャパンディスカウントをしたいわけではなく、言語学的に証明された事実であり
日本語が母音と子音が必ず繰り返し出てくるのに対して、英語では子音が続くことも珍しくは
なければ、発音する際の口やのど、肺の動きにも大きな違いがある
のです。

トランペットやトロンボーンなどの金管楽器を使って演奏する場合には、その楽器にあわせた
息遣いを身につける必要があるように、英語を発音する際にも正しい動きを身につける必要が
あるわけです。

あなたは英語の辞書に書かれている発音記号どおりに発音すればいいのではないかと思うかも
しれませんが、「発音記号どおりの発音」というのを自分ではできているように思っても全く
できていないケースが大半
です。

発音記号の説明だけでは、口の中の動きまで適切に解説していないからです。

例えば、某英和辞書では「p」の発音は上下の唇を閉じて息が出るのを止めた後に、急に唇を
開けてはじくように「息」を出すと書かれていますが、舌はどうすればいいのでしょうか?

また、英語の会話スピードは日本語の何倍ものスピードですから、いちいち「p」で唇を弾く
などといっても現実味に乏しい話だと言わざるを得ません。

apple,mac,ipod,ipad,iphoneとジュゲムジュゲムみたいな話ですが、どのように発音します
か?

そこで、スコットペリーさんが日本語ネイティブの日本人のために「ネイティブスピーク
という英語発音教材を作成しました。

すでに2500人以上が英語圏のネイティブに通用できる英語発音をネイティブスピークで勉強
して身につけています。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ