学習障害なんかに負けない方法

gakushusg

checkout

学習障害(Learning Disabilities:LD)は生まれつきの「中枢神経の働きの障害」によるもの
だと推定されていますが、さまざまな症状があるだけでなく治療法も確立されていないことも
あって、薬を飲んでいれば完治するようなものではありません。

学校のテストでの成績不振者の何割かは学習障害だという指摘もありますが、成績不振だから
学習障害だと決め付けるわけにもいきませんし、学習障害を正確に判定できる医者も多くない
というのが現実です。

それどころか、「学習障害」だという認識さえもないケースが大半だというのが実情です。

そこで、薬剤メーカーや精神科医であればビジネスのために「まずはお医者さんに」とCMを
打つのでしょうが、医学書でも明記されているように薬物療法の効果は証明されていませんし
行動療法や心理療法のほうが効果が得られることから教育機関との連携が欠かせないと書いて
ある程度です。

鹿児島にある個別指導学習塾「学太郎」塾長で塾講師の岡田誠さんも学業不振の生徒の指導を
行ってきた経験が豊富にありますが、岡田さんは医師ではありませんから学習障害だと判断を
することはできませんが、状況証拠的に推測できるケースが少なくなかったといいます。

そのような子どもたちの学業不振を岡田さんは解消していったことで、学習障害に対応できる
だけのスキルやノウハウも豊富に持ち合わせているわけです。

その学習障害に対するノウハウや正しい知識を学べるのが「学習障害なんかに負けない方法
です。

「学習障害なんかに負けない方法」のポイントは、大きくわけて以下の3点です。

  • 知識
  • 学習
  • 行動

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ