英検準2級に中学2年で合格するための勉強方法

eiken2

checkout

英検準2級というと高校中級程度の英語力を想定していることから、中学2年
で受験するには高いハードルだと思われがちです。

中学生だと一般的には英検3級、4級あたりが推奨されることもあり、準2級
は中高一貫校などで早期指導を受けている一部の優等生が受験するべき資格
試験といったイメージもあるかもしれませんね。

しかし、土井稔さんは中学2年で英検準2級に合格することにこそ価値がある
というのですが、具体的に何の価値があるのでしょうか?

まず確実に役立つのが、一部の高校で優遇規定が設けられている点です。

さすがに英検準2級だけでは合格というのは無理ですが、入試の点数にゲタ
を履かせる程度の優遇であれば探せば簡単に見つかります。
優遇される高校は、底辺校から難関校までさまざまですから、あなたが受験
する予定の高校入試で優遇されるのであれば価値があるでしょう。

英検準2級の勉強をすることで英語力がアップしますから、英語の科目でも
今までより点数が取りやすくなることは確実です。

それでは、英検準2級の問題集や参考書を買ってきて勉強すればいいのかと
いったら、土井さんは適切な学習ではないと否定します。

むしろ、中学生が英検準2級に効率よく合格するための「凡人以下のための
学習法」を身につけて、最短距離で合格を目指すほうが効果的
です。

優等生の場合は、特に勉強法などを身につけなくても、肌感覚で自然と身に
つけていますから、他の人と同じような勉強しかしなくても高得点をキープ
し続けられるわけです。

そんな才能は凡人にはありませんから、優等生の勉強法を真似をしても全く
役に立ちません。

凡人による凡人のための学習法」を習得して、今回であれば英検準2級に
合格するために必要最小限の努力をすればいいのです。

中2といえば中2病という言葉がありますが、妙に理想に走る傾向があるとは
いっても、帰宅部でもない限りは部活動や学習塾に時間を取られますから、
英検の勉強までする時間には限りがあります。

英検準2級に中学2年で合格するための勉強方法」を使って効率的に勉強を
進めていきましょう。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ