チェルシー式英検1級突破講座一次試験編

eiken1

checkout

英検1級の合格者には帰国子女が多いという話はあなたも聞いたことがあるかもしれませんが、
その原因としてチェルシーイングリッシュスクールのルイス遠藤智美さんは、以下のような分析
をしています。

  • リスニングのための英語耳が備わっている
  • スピーキングのための英語脳が備わっている
  • 文章を読む速さが日本人と比べると雲泥の差(ネイティブレベル)

このため、英検1級1次試験特有の出題形式にも影響をうけることなく、普段通りにしているだけ
でも合格レベルに到達できるわけです。

英検1級1次試験特有の出題形式というのは、あなたもすでに知っていることかもしれませんが、

  • 後半に行くほどに解きやすい問題構成になっている
  • 長文を読む前に設問を読むと混乱するように出題されている
  • 単語集を必死になって暗記しても時間対効果が悪い

といった具合に、受験生を落とすための試験ですから、いろいろと意地悪がされています。

それだったら、日本生まれの日本育ちで、英語を学びだしたのは早くても物心がついた頃である
とか、それこそ中学校から英語の勉強を始めるというレベルでは遅いのかというと、全くそんな
ことはないと遠藤さんは指摘します。

英検1級1次試験特有の出題形式を知った上で、あなたの英語力にプラスして、解法テクニックを
活用することで合格可能性を劇的に高めることが可能
になります。

そこで、遠藤さんがチェルシーイングリッシュスクールで教えている英検1級試験対策を自宅で
手軽に学べるようにした「チェルシー式英検1級突破講座一次試験編」を公開しました。

書店で売られているような英検1級のテキスト本や練習問題集ではなく、英検1級一次試験の特性
と対策、さらには必要となる能力について徹底的に細かく解説
しています。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ