宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法

tubo

checkout

宅建試験に独学で知識ゼロでも3ヶ月で合格できる

あなたは信じられますか?
普通に考えたら、とてもじゃないが無理な話だと思うのではないでしょうか。

それこそ、3ヶ月間、机にかじりついて睡眠時間以外は全て勉強するといった状態でもないと
無理ではないかと思ったかもしれませんね。

合格するまでに費やした学習時間は個人差が大きいのですが、資格予備校によると未経験者の
場合には300時間、単純計算で1日3時間強ですから、それほど無茶な計画でもありません。

しかし、資格予備校などで教壇に立つことも少なく無いという宅建試験講師の坪義生さんは、
「権利及び権利の変動」、「法令上の制限」、「宅地建物取引業法」の主要3科目だけで合格
点を上回る得点を狙うことは十分に可能
だし、他の科目は勉強しなくても構わないとまで断言
します。

要するに、宅建試験に本当に出題されるポイントだけをピンポイントで効率的に学んでいけば
試験範囲を全て身につけようと思って膨大な時間を浪費するよりも、もっと楽に合格ラインに
たどりつけるというわけです。

この「ツボ式学習法」で勉強すると、平日は1日2時間、休日は1日3時間、合計200時間程度に
ありますから、これでも多すぎると思う人もいるかもしれませんね。

それだと資格試験の本質から外れているし、本末転倒じゃないかと言いたくなる人もいるとは
思いますが、あなたが宅建資格がないと行えない業務をしたいのであれば、資格取得が最優先
ではないでしょうか?

宅建資格を取得した後に勉強を続けても構わないわけですし、試験範囲を全てマスターしたと
しても実務で役立たないことは少なくありませんから、それだったらハードルを先に越える方
がいいのではないかというのが坪さんの考え方です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ