理解力向上講座

rikai

>>公開は終了しました<<

「知識そのものを問う」問題が出題される試験であれば、丸暗記するほど成績があがります。

運転免許の学科試験などが典型例ですが、問題集に本番の試験問題そのものが出題されている
ことも珍しくありませんから、能書きはどうでもいいからとにかく暗記で異なります。

その一方、難関学校の入学試験であったり、司法試験などを始めとした難易度の高い資格試験
などでは、単に知識を暗記しただけでは全く歯が立ちません。

「知識そのものを問う」問題ではなく、身につけた知識を活用して問題を解く必要があるから
です。

あくまでも大前提として知識を身につけた上で、その知識をフル活用して問題を解けなければ
正解にたどり着くことはできません。

そのためには、知識をそのまま丸暗記するのではなく、応用できるように「理解」する必要が
あるのですが、理解するという言葉の意味がわからずに苦労している人が少なくありません。

あなたも、知識を「理解」できずに苦労しているのではないでしょうか?

理解することの本質をわかれば、勉強のやり方が見えてくるわけですが、学校では教わらない
ことですし、なかなか「勉強の仕方」自体を身につけられる機会というのもありません。

この理解の仕方というのを小学校で教えれば劣等生が相当数減ると思うのですが、不思議な話
だと言わざるを得ません。

そこで、今回運良く「理解」の仕方を学べる「理解力向上講座」に出会えたけですから、ぜひ
ともマスターするべきです。

勉強方法で迷う必要がなくなりますし、覚えては忘れるといった暗記主体の不毛な勉強をする
こともなくなります。

せっかく暗記して身につけた知識を使いこなせないといった心配もありません。

このページの先頭へ