幸せに有名小学校に合格するための勉強法

siritusg

checkout

改めて言うまでもなく、小学校と中学校は義務教育ですから、不登校の児童や生徒の場合は
ともかくとして、必ず小学校・中学校に所属して通学する必要があります。

もちろん、小学校と中学校は地元の公立学校しか通えないというわけではなく、国立や私立
などの小学校・中学校に通っても義務教育の条件は満たしますから全く問題ありません。

しかし、国立を除く公立小学校・中学校であれば、何もしなくても入学資格が得られるのに
対して、国立や私立の場合には入学試験入学考査)で合格する必要があります。
(一部地域の公立の中高一貫校を受験する場合にも入学考査が課せられます)

あなたも既に知っていることだとは思いますが、中学入試以降はペーパーテスト、一部では
内申点や面接も含めて合否判定が行われる一方、小学校入試ではペーパーテストも課せられ
ますが、親子面接や行動観察などの独自の試験が課せられることが一般的
です。

このため、小学校入試独自の試験科目に対する事前準備が欠かせません。

小学校入試に失敗したら、公立小学校に必ず進学しなければいけないわけですから、私立や
国立小学校で6年間過ごすことと比べると、どうしても大きな違いが出ることは間違いない
と言えるでしょう。

そこで、いわゆる「お受験塾」などと呼ばれる幼児教育スクールが増えているわけですが、
当然ながら「お受験塾」に通っても受験した私立・国立小学校に全滅してしまい、負け組と
なって公立小学校に通う結果になったケースも少なくありません。

誰でも入れる公立小学校と、試験に合格した児童だけが入学できる私立・国立小学校とでは
学習・生活環境は全くと言っていいほどに異なりますから、絶対に小学校入試で失敗したく
ないという気持ちが強い
のは当然のことでしょう。

そこで役立つのが「幸せに有名小学校に合格するための勉強法」です。
「有名小学校」とありますが、あなたやお子さんが受験しようと思っている小学校が無名で
あっても全く問題ありません。

有名小学校は競争率が激しくなる傾向があるのと、難関小学校は有名校が大半という単純な
理由によるものですから、願書さえ出せば全員合格できるといった私立小学校でない限りは
入試で合格者・不合格者に別れるわけですから、役に立ちます。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ