韓国語が話せるあなたになるカギ「change」

change

checkout

密度の薄い韓国語学習をいくら続けても上達スピードは非常に遅いどころか、全く上達しない
ことも珍しくない
と指摘をするのは太田諭さんです。

それでは、「密度の濃い」韓国語学習とは一体何だと疑問を感じるのではないでしょうか?

韓国語は外国語だから日本語の常識は通用しないので、全くのゼロから勉強して、韓国語特有
の単語や文法、表現などは全て丸暗記しないといけないと思っているかもしれませんね。

しかし、太田さんは、日本語と韓国語とが持つ「共通点と相違点」に着目することで効率よく
韓国語を習得することができる
と指摘します。

日本語と韓国語が似通っているポイントに関しては、あなたが生まれながらにして身につけた
「日本語の常識」が通用するわけですから、改めてゼロから韓国語を勉強する必要はない一方
で、全くの正反対という点に関してはしっかりと身につける必要があります。

日本語と韓国語とで全く異なるポイントに「日本語の常識」を当てはめると、全く役立たない
どころか、いくら勉強をしても韓国語が上達しないという結果になりかねません。

また、韓国語の単語や表現を覚える必要がないといったら驚くのではないでしょうか。

もちろん、韓国語の単語を全く記憶しなくてもいいというわけではなく、無理に暗記しようと
単語帳などを片手に努力をする必要がなく、自然と頭の中に入るようになりますし、韓国語の
仕組みを理解することで自ら応用できるようになるため、無理やり多くの単語を覚えなくても
自由に文章を組み立てられるというわけです。

この日本語と韓国語とが持つ「共通点と相違点」に着目した学習法を、太田さんが「change
というマニュアルにまとめました。

changeで提唱しているレバレッジスピーキング・メソッドを使えば、単語を一つ覚えただけで
40個から100個以上の表現ができるようになります。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ