内野守備・上達革命

naiya

checkout

人間誰しも思い通りに物事が運ばないケースは珍しくありません。

野球だけに限ってみても、3割打てば上出来だと言われる世界ですから、残りの7割はフォア
ボールやデッドボールで出塁したり、送りバントなどを指示されて従うケースはあるとはいえ
ども、単純に言えば、半分以上は三振やゴロ、フライなどで凡退してもいいわけです。
(極端にチャンスに弱い選手は、それで評価を下げる場合もありますが・・・)

ピッチャーでも、出てきた途端に4点も5点も取られた水差し野郎が、数年後にガソリン持った
油さし野郎として大炎上させたかと思ったら、その数年後にはうなぎ絶対捌くマンに変身する
といった具合に、まったく予想がつきません。

その中でも、比較的計算ができるのが「守備」だと指摘をするのは、元プロ野球選手で現在は
後進の指導にあたっている清家政和さんです。

守備に関しては10割は可能
というのは野球ではすでに使い古された言葉ですが、不安定な要素が山のように存在する中で
唯一といっていいほど、野球で完璧が可能な要素が守備
なのです。

清家さんは現役時代には「守備の名手」として知られていましたし、プロ野球コーチ時代にも
内野全体の守備力を高める指導には定評がありました。

少なくとも、盗塁された時にカバーに誰も入らなかったり、送りバントでピッチャーが1塁に
ボールを投げた時に、1塁手がなぜか2塁側を見てボールに気づかないなどといった某球団の
内野守備とは全くの無縁です。

このようなエラーが続けばピッチャーに悪影響が出ますし、失点を抑えることどころか傷口
が更に広がる結果になることは、過去の数多くの試合をみれば明らかです。

プロ・アマ問わず、エラーからみの失点が実に多いわけですが、逆に守備がしっかりとして
いれば、ピッチャーの調子が悪くても何とか抑えて最小失点で抑える好循環に繋がります。

内野守備で上達するためには、日頃からどのような練習をすればいいのでしょうか?
練習メニューによって上達スピードが全く変わりますし、選手生命にも違いが出ます。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ