論文式試験専用記憶術

ronbun

checkout

資格試験の勉強をするのであれば、テキストや参考書を使うよりも問題集を使ったがいい
いう話を聞いたことはありませんか?

試験によっては、問題文と正解が全く同じ問題が毎年のように出題されることも珍しくあり
ませんし、それこそ問題文と答えを丸暗記するだけで合格できる資格もあります。

しかし、このような試験対策が通用するのは、主に「択一式」と呼ばれる資格試験であって
複数の選択肢の中から正解を選んだり、解答用紙の空欄に答えを記入する形式の試験です。

その一方、このような試験対策が全く通用しないのが「論文式」試験です。

司法試験や不動産鑑定士、公認会計士や税理士試験などの難関資格試験で多い出題形式です
が、答えを1000文字以内にまとめて記述するといった問題が中心です。

論文式試験では単に知識を答えただけでは正解にはならず、知識をフル活用して問題を解く
必要があり、難関校を中心に入学試験でも論文式試験を採用するケースが増えています。

論文式試験において、択一式試験で通用した問題集中心の学習が全く通用しないのは、習得
する必要のある知識が膨大であり、短期間で丸暗記して問題演習で知識を定着させるという
サイクルが回せないことが原因
です。

いつまでたっても終わらないというほどに膨大な量を身につけることが求められますから、
司法試験浪人が大量に発生している現状も分かるのではないでしょうか。

文章を丸ごと覚えるような試験で語呂合わせやイメージなどで暗記するといった子供だまし
のような方法は全くと言っていいほど通用しません。

択一式試験向けの対策法を論文式試験でも続けている人は、それこそ死ぬまで勉強し続けた
ところで合格するのはムリだろうと指摘をする人もいます。

その一方で、論文式試験専用の勉強法・記憶術を身に付ければ、それこそ考えられないほど
の短期間で目標とする難関資格試験に合格できる
と指摘をするのはさくら電子出版社代表の
小野たかひとさんです。

実際に、小野さんが考案した「論文式試験専用記憶術」の実践者が次々と合格しています。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ