本格的に勉強を始める前にあなたのお子さんを勉強ができる子にしてしまう方法

benkyodk

>>公開は終了しました<<

「勉強をしろ」と言われる学生は数多くいますが、国語や算数・数学などの4科目、中学以降は
英語も含めた5科目の勉強をするように言われることがほとんどでしょう。

しかし、「勉強の仕方」を身に付けろという趣旨の指導を行う親、教師や塾講師、家庭教師など
は少ない
ものです。

定期テストから受験勉強にかけては長期戦ですから、単に「勉強をした」だけでは成果が出ない
ことも珍しくありませんし、効率的な学習法を身につけていれば、同じ勉強時間であっても効率
よく学力アップができるというケースも少なくありません。

開成や灘など超難関校の学生であれば、それこそ、生まれつきの才能だけで余裕で東大や京大に
合格できる人もいますが、それこそ「本物の天才」ですから、あなたやお子さんの場合は失礼で
ありますが全く関係ない話だと思います。

しかし、天才になるのは無理だとしても、効率的に成果を出せる学習法や生活習慣を身につける
ことで「優等生」になるのは可能
なのです。

「勉強の仕方」を身につけるためのタイムリミットは小学3年生から5年生の間だと指摘するのは
匿名希望の家庭教師F.Mさんです。

もちろん、中学以降であっても「効率的な学習法」を身につけることは可能ですが、中学で学ぶ
ことは小学校高学年で学んだ内容を全て理解していることが前提であり、高校で学ぶ内容は中学
で学んだことを全て理解している前提です。

あなたやお子さんが成績不振であれば、過去に学んだことが全く身についていない状態だと思い
ますから、学習法を身につけた上で、過去の勉強からやり直さないといけないということになり
膨大な復習をしなければいけません。

小学校3年までに「効率的な学習法」を身に付ければ、優等生のまま小学校を卒業し、中学では
学んでも身につかなかった「負債」を抱えることなく勉強を始められますから、劣等生と比べて
相当なハンデができる
ことがわかると思います。

高校ともなれば、相当な差がつくことは言うまでもありませんし、あなたも実感しているのでは
ないでしょうか。

F.Mさんが小学校低学年のうちに「効率的な学習法」を身に付ける必要があるというのは、この
ハンデが小さなうちに対策をしたほうがいいという考えによるものです。

逆に言えば、特に小学校の低学年のうちに「勉強法」を身につけていれば、天才でなくても東大
や京大に合格できる可能性を高めることが可能です。

それでは、「勉強法」を身につけるといっても、具体的に何をすればいいのでしょうか。

このページの先頭へ