天才養成講座

tensai

checkout

あなたは天才になる方法を知っていますか?

そんな簡単に天才になれるわけがない
と思うのが自然だとは思いますが、何十年も前から指摘され続けているにも関わらず、今でも
変化しようとしない学校教育に大きな原因があると指摘するのは「天才育成塾」です。

もちろん、失敗に終わりましたが「ゆとり教育」などの工夫もありましたが、受験が先にある
という状況が変わらないのであれば、大量の工場労働者を輩出することを目的とした従来型の
学校教育が根本的に変わることはありません。

生まれつき豊かな発想力を持っていた子供たちが学校教育で押しつぶされ、「場を読めよ」と
いった具合に「没個性」化が組織の中で強要されるということで、とてもじゃないですが天才
を生み出すことなど不可能だと言わざるを得ません。

その一方で、もはや画一的な作業員が必要な社会ではありませんし、単純作業はアルバイトや
海外で行うという時代ですから、為替が動いた程度では10倍、100倍と格差が大きな人件費を
埋めるまでには至らないのです。

その結果、元からの富裕層は安定的なのは変わらないとして、才能があれば、生まれは貧乏で
あっても一気に富裕層に入ることが可能になった一方で、コツコツまじめに学んで仕事をする
ことで一生安泰だと勘違いしていた「中間層」が一気に没落しているのが現実
です。

いくら頑張っても、それだけで収入が増えることもなければ評価されることもありませんし、
逆に成果が出せなかったとしてマイナス評価されることのほうが多いのが現実です。

マイナス評価される位なら何もしない方がいいという態度をとる人もいますが、これらの現状
維持派も所詮は何もしていない「穀潰し」ですからマイナス評価されるだけです。

「格差の拡大」といいますが、頑張れば報われるという時代はとっくの昔に終わった事に目を
つぶり、妄想に浸っているうちに現実が襲い掛かってくるという状況に戸惑っているだけだと
いったら厳しいでしょうか。

学校教育がこぞって押しつぶしてきたアイデア力や発想力こそが現代社会で勝ち残るためには
求められる
のです。

天才養成講座」では、学校教育では有害なものだとして押しつぶしてきた才能や個性などを
再び蘇らせた上で、アイデア力や発想力を向上させることで現代社会で通用できる人材になる
ためのカリキュラムを動画講座で在宅で学べます。

天才養成講座では、ロシアのスタニスラフスキーが考案した「メソード」を使います。
単純にmethodをカタカナにしただけではなく、独自の意味を持つ用語です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ