大学受験勉強法マニュアル

daigakuns

>>公開は終了しました<<

偏差値が低いから難関大学への進学は無理
だと思って諦めていませんか?

勉強をしなくても余裕で東大理3に合格できるという現役高校生は灘高や開成高、桜蔭高などに
数人程度は存在するとは言いますが、少なくともあなたが当てはまらないことは確実でしょう。

現時点で偏差値が40台、30台というのであれば、考えるだけバカバカしいことだと思って諦めて
いるかもしれませんね。

しかし、あなたの偏差値が現時点で平均以下だったとしても、精神論ではなく現実的な話として
難関大学に合格できる「学習法」は存在する
と指摘するのは、自らも偏差値40台から70台へと
アップして医学部へ進学した大平俊介さんです。

大平さんは、学習塾や予備校に通っても学力がアップするとは限らないし、勉強時間だけを気に
するのでは、いつまでたってもテストの成績は上がらないだろうと断言します。

「効率の良い正しい勉強法」を知って実践することの方が、英語や数学、社会などの科目の勉強
を我流で、がむしゃらに取り組むよりも成績アップできる
からです。

単に勉強をするだけでは成績はアップしませんし、猿真似のように優等生と同じように勉強した
ところで、集中力や記憶力が一般の受験生と比べても高い上に、基礎学力が既に身についている
優等生と凡人のあなたとでは大きな差がでますから、逆にあなたの場合だと成績を落とす結果に
なりかねませんので、優等生の猿真似はやってはいけません。

「勘、センス、フィーリング」を磨けばいいと優等生がいったところで、そもそもの素質が違う
から無理なのです。

「弱者には弱者の戦い方」というのがあるのです。
その弱者のための学習法を、大平さんが「大学受験勉強法マニュアル」にまとめました。

平均以下の大学受験生でも、センスや勘、フィーリングに一切頼らずに、成績の上がる実践的な
勉強法を身につけられます。

勉強の内容ではなく「勉強法」ですから、難関大学への進学を希望する高校1年生からでも実践
できます
し、高校1年生や2年生のうちに知りたかったと浪人生であれば必ず思う情報が数多く
ありますから、現役生だから、まだ高3じゃないから早いと考える必要はありません。

このページの先頭へ