まだ、月謝を払ってヨガ教室に通いますか?家庭でヨガ体操。

homeyoga

>>公開は終了しました<<

ヨガ教室」と一口にいっても、その目的はさまざまです。

他のスポーツ教室などと同様に、受講生がヨガを学んで上達したり、体の柔軟性を取り戻す、
精神的なしなやかさを蘇らせるという具合にヨガ本来の目的を達成するために指導する講師や
教室が数多くあるのは知っていますが、その他の目的で設立するケースも多いのです。

旧オウム真理教が有名ですが、ヨガサークルを使って信者獲得や勧誘に使うケースもあります
し、詐欺的な内容の無価値で高額な商品やサービスを売りつけるための集客手段にヨガ教室を
使うケースもあるといいます。

その上、まっとうな目的で設立されたヨガ教室であっても、講師がポーズをするだけの「ヨガ
もどき」の内容しか教えられない場合も少なくなく、あなたがヨガを真剣に学びたいと思って
いるのであれば失望しか得られない場合が珍しくない
のです。

あなたが運良く、あなた自身が学びたいと考える「ヨガのプログラム内容」を指導してくれる
講師に出会えたら、そのヨガ教室には是非とも通い続けたほうがいいでしょうし、一生ものの
指導者になる可能性があるわけですが、大半は裏切られる結果に終わると、コンサルタントの
館林美穂さんは指摘します。

しかし、あなたが「本当の真実のヨガのやり方を学びたい」と思っているのであれば、近くに
あなた自身が学びたいと考える「ヨガのプログラム内容」を指導できる講師がいるヨガ教室が
なくても問題ないと館林さんは断言しますが、これだけだと意味が分からないですよね。

具体的に言えば、学べる手段は人伝えだけでなく、書物からでも十分だというわけです。

それでは、書店で売られているヨガの本を買って独学でトレーニングをすればいいと思うかも
しれませんが、あなた自身が満足できれば十分ですが、何かしら不満があったのではないかと
思います。

どの本を見ても「ヨガもどき」のレベルでしかなく、あなたが求める「ヨガ」とは程遠いもの
だったのではないでしょうか。

このページの先頭へ