「体幹軸スイング」ゴルフ上達プログラム

taikajk

checkout

飛距離だけがゴルフではない
といったところで、やはり、ある程度は遠くまでボールを飛ばせる方がコースメイキングに
おいては有利であることは明らかです。

コースマネジメントだけで可能なスコアアップの範囲には、やはり限界があるからです。

コースやホールによっても違いはありますが、ドライバーで200ヤードしか飛ばせない人と
250ヤード飛ばせる人とでは、とれる戦略にも大きな違いが出てくることは、決して珍しく
ありません。

しかし、遠くに飛ばしたいという気持ちばかりが強くても、練習しても飛距離が伸びないと
いう状況になっていませんか?

ドライバーの練習だけをしているわけにもいきませんから、どれも中途半端になってしまう
といった状況に、あなたも頭を悩ませているかもしれないですね。

ゴルフ雑誌や書籍、ネットの情報、ゴルフ教室の講師のアドバイスなどを参考に、いろいろ
飛距離アップの工夫をしているとは思いますが、思い通りの成果が出せないどころか、逆に
混乱しているのではないでしょうか。

PGAティーチングプロの坂本龍楠さんは、今まで1000人以上のゴルファーのスコアアップに
貢献してきたといいますが、以下のことを実践すれば、あなたも飛距離アップは十分に可能
だと言います。

  • 「スイングの本質」を知る
  • 体の軸がぶれず、無駄な力が入らない「しなやか」なスイングをする
  • ゴルフスイングや体格にあったクラブを選ぶ

簡単にできそうでいて、意外に難しい項目ではないでしょうか。
その中でも、最初の段階として坂本さんが重視するのは以下の2つのポイントです。

  • 「体幹軸」を中心とした回転運動
  • 左右対称のスイング

この2つのポイントができるようになっただけでも20ヤードは飛距離が伸ばせます。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ