藤井誠の2打以内で仕留めるパターテクニック

patting

checkout

あなたは18ホールで何回パターを使いますか?

プロゴルファーでも18回未満(フェアウェイからのチップインやホールインワン!)という
人は非常に少ないと思いますが、パットが得意というゴルファーでもない限り、一般的には
スコアの40%前後がパターだと言われています。

1ホールでパット2打であれば36ですからスコア100切りも現実味を帯びてきますし、30以下
に抑えることができればセミプロレベルのシングルゴルファーも夢ではありません。

そのためにはグリーン上で3打以上は打たないようにしなければいけませんが、カップ間近に
常にグリーンオンできるとは限りませんから、ロングパットでカップの近くにボールを寄せて
2打で仕留めることが求められるシーン
というのが必ずやってくるものです。

何回パッティングをしても中途半端な距離が残ってしまったり、芝目を読み誤ってショートや
オーバーといった失敗を繰り返しているのではないでしょうか?

パターマットやゴルフ練習場のグリーンで熱心にパッティング練習を続けていても、コースに
出ると全く日頃の成果が出せずに大叩きを繰り返しているものと思います。

そこで、15メートルのロングパットであっても、しっかりと2打でカップインするために必要
なテクニック
をティーチングプロの藤井誠さんが動画マニュアルにまとめました。

それが「藤井誠の2打以内で仕留めるパターテクニック」です。

ロングパットではファーストパットでカップ近くにボールを寄せる必要がありますし、セカンド
パットで確実にカップインできるように、打ちやすい場所でボールを止める必要もあります。

複雑なグリーンであるほど、高度で緻密な計算と技術力が求められるように思われがちですが、
2つのポイントを知るだけで誰でも簡単にボールをカップインできると藤井さんは断言します。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ