バレーボール スパイク上達革命

vb-spike

checkout

バレーボールを上達するためには膨大な練習量が必要だと思っていませんか?

特に思い通りにスパイクを打ちたいと思っても、タイミングが合わなければ思った方向に打つ
ことはできませんし、力が足りなければパワーの有るスパイクになりません。

ディフェンス専門のリベロであればスパイクが出来なくても問題ないと言えますが、リベロを
設定せずにゲームを行うこともママさんバレーや学校の授業などでは珍しくありませんから、
誰もがスパイクをする状況に一度は立たされるわけです。

何度も練習を続けていて、何度か思い通りにスパイクが打てたとしても、運が良かっただけで
あって、どうしてスパイクがうまく打てたのか分からない状況ではないでしょうか。

これではスパイクの練習をいくら続けていても再現性に欠けますし、上達した実感がない上に
試合でスパイクに失敗した時に反省のしようがないという結果になりかねません。

どれだけ練習を続けたところで、スパイクを安定的に打てるようにするための改善のしようが
ないからです。

それこそ、勘とセンスといった曖昧な言葉でしか説明できないのではないでしょうか。

ママさんバレーや小中高生のバレーボールチームでスパイクが上手な人でも意外に多いケース
だといったら驚くかもしれませんね。

スパイクが上手な人にコツを聞いても言葉ではうまく説明できず、「身体が覚えている」など
といった具合に曖昧な言葉でごまかしているのではありませんか?

説明しているようで、実際には全く説明になっていないという場合も多いものです。
あなたも今までに経験したことがあるかもしれませんね。

そこで、元全日本男子バレーボール代表で、今後は指導者としての活躍が期待されている加藤
陽一
さんが作成した「バレーボール スパイク上達革命」という理論的に誰もがスパイクを上達
できるように、具体的な言葉と動きで説明した動画マニュアルが役立ちます。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ