24デイズイングリッシュ

24drng

>>公開は終了しました<<

英会話スクール「TESS語学研究所」の島田勝弘さんは1日10分程度の勉強で英会話をマスター
するのは可能
だといいますが、また新たな詐欺師かと呆れたかもしれませんね。

あなたも今までに、似たり寄ったりの言葉でマスターできるという触れ込みの英語教材や英会話
スクールなどで学んでも、全く英語が話せなかった経験があれば尚更でしょう。

しかし、島田さんは上智大学のアルフォンソ教授が考案したという「アルフォンソ文法」を元に
開発した独自の学習法を用いることで、「TESS語学研究所」をはじめとして、多くの受講生が
日常的な英会話程度であれば1日10分、24日間の学習でマスターできた
といいます。

そんな都合のいい話があるのかと疑いたくなるとは思いますが、すでに2万人以上が島田さんの
考案した「24デイズイングリッシュ」の手法で英会話が行えるようになったという実績があるの
です。

1日10分、24日間の「24デイズイングリッシュ」では、どのような学習をするのでしょうか?
一言で言えば「短文を集中して学ぶ」ということにつきます。

なんだ、フレーズ学習かとがっかりしたかもしれませんね。

全く応用の利かない文章丸暗記なんて意味が無いと散々揶揄されているフレーズ学習ですから、
いまさら覚えようという気にもならないのではないでしょうか。

しかし、「24デイズイングリッシュ」では英会話でよく出るシーンを丸暗記するという目的では
なく、英語で一番最初に身に付けるべきポイントから順番にピンポイントで身につけられるよう
カリキュラムが構成されています。

つまり、フレーズを丸暗記すること自体が目的なのではなく、フレーズを通じて英語の仕組みを
自然と理解できるようになるのが「24デイズイングリッシュ」ですから、通常のフレーズ学習の
ように応用が効かずに戸惑うといった心配はないのです。

このページの先頭へ