田中大鉄の勝利のソフトボール基本シリーズ「確実に1点を取るための技術と戦術」

soft1ten

checkout

ソフトボールの試合で勝つためには、改めて説明するまでもないことだとは思いますが、失点を
減らして得点をする
ことが重要です。

それこそ、「1-0」と「10-0」では得失点差では違いがあるといっても、トーナメントで
あれば関係ありませんから何点取ろうが失点しなければ試合に勝てます。

その一方、いくら守備力に自信があっても得点できなければ試合には勝てません。
失点0というだけでは、いくら頑張ったところで引き分けです。

特に硬式野球と比べてソフトボールは1点を取るのが難しい球技だと言われていますが、その中
で得点するためには、どのような攻撃をしていけばいいのでしょうか?

2014年にソフトボール強豪校として知られる京都西山高校ソフトボール部監督に就任した田中
大鉄
さんはチームでいろいろな攻撃パターンを持つことが重要だと指摘します。

さまざまな攻撃パターンをチームとして展開できるようにするためには、選手それぞれの能力を
活かしながら数多くの攻撃の技術を身につけさせる必要があるとも付け加えています。

たとえば、0-0などのタイスコアでノーアウト1塁、先制点が欲しいという状況だとバントを
してランナーを2塁に送るという攻撃が定石ですが、強打者であればヒットエンドランを仕掛け
たり、肉体的疲労や精神的に参っているなどの理由でピッチャーのコントロールが定まらないと
いう雰囲気であればフォアボール狙いで揺さぶりをかけるといった攻撃もあるわけです。

また、同じバントをするにしても、完全に送りバントだけに特化する場合もあれば、セーフティ
バントでオールセーフを狙うといったケースも考えられます。

あなたが全てを指導するのは難しいと思いますが、田中大鉄の勝利のソフトボール基本シリーズ
「確実に1点を取るための技術と戦術」
を参考に、あなたが指導するソフトボールチームに一つ
でも取り組んでみると役立つことも少なくありません。

強打者や防御率0.00のピッチャーといった優れた選手のいない、特に目立った特徴のないチーム
であっても「チーム力」で試合に勝てるようになります。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ