奇跡の逆転合格プロジェクト「今さら聞けない超基礎シリーズ」

kiseki

checkout

九九ができない大学生
といった言葉は、今では珍しくもなくなりましたが、九九が出来ないと方程式を解くのも大変
ですし、途中で投げ出したくなるものです。

また、整数同士の計算はできても、少数や分数の概念が理解できていないと消費税の計算さえ
も普通にできなくなるといったケースも出てくるわけです。

つまり、中学で学ぶ「数学」というのは小学校で学んだ「算数」を全てマスターしていること
が前提
になっていますので、「小学校はろくに勉強もしないで遊びまわっていたけど中学から
まじめに勉強しよう」と思ったところで、入口から躓いてしまう結果になりかねません。

もちろん、中学1年の段階で小学校で学んだ範囲から復習して身につけようというのであれば
時間は余分にかかるとしてもマスターできるでしょうから心配はいりませんが、入口で躓いて
諦めてしまうと取り返すチャンスはなくなります。

中学の数学でも、中1で学んだことが理解できていないと中2の内容は分からなくなりますし、
中3では中2までに学んだことが理解できていないと授業の意味が全く分からないという結果に
なるだけです。

その結果が「九九が出来ない大学生」ですから、なるべくしてなったといえることがわかるの
ではないでしょうか。

この問題というのは、数学だけでなく英語でも同じことが言えます。
「超基礎部分」が抜け落ちた状態で入試対策をしても全く勉強にならないのです。

高校入試が近づくほどに復習できる時間も少なくなっていきますから、昔の教科書を見て勉強
し直そうとしても、復習して身につける量が多い上に時間が足りないことから間に合わない

いったケースがほとんどです。

そこで役立つのが、奇跡の逆転合格プロジェクト「今さら聞けない超基礎シリーズ」です。
過去からの知識の積み上げがないと理解するのが困難な英語と数学の2科目が対象です。

数学に関しては小学校の算数から、英語は中1の「超基礎部分」から短時間で効率よくマスター
できます。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ