保育士試験科目別リベンジセット「社会福祉」

hoikusi

checkout

キャリアステーションでの保育士試験対策講座の受講生による保育士試験科目別合格率が集計
されていますが、社会福祉の科目の合格率は意外に低く、地味に難しい科目という扱いに変化
はありません。

その原因としてあげられるのが、社会福祉の科目特有の「試験範囲の広さ」だと指摘するのは
保育士試験科目別リベンジセットを作成する「ふくしかくネット」の矢口はるなさんです。

公務員試験の一般教養の科目と同じように、極端な事を言えば何が出題されてもおかしくない
科目ですから、いくら勉強してもキリがないといった状況になりがちです。

その上、保育士試験の試験会場独特の雰囲気の中、誰も解けないような難問奇問が「問1」に
いきなり出てきたり、何問か混ざっているだけでも精神的に混乱してしまって、普通であれば
簡単に正解できる問題であっても間違ってしまうという可能性は決して低くありません。

もちろん、合格ラインを上回れば、満点だろうがギリギリだろうがまったく関係ありませんが
社会福祉の科目の頻出項目だけを完璧にしても、合格ラインに到達できないというジレンマ
非常に厄介ではないでしょうか。

社会福祉では、「保育原理」や「児童家庭福祉」の科目の内容も出題されますので、今回受験
をするのであれば問題無いとしても、この2科目は既に合格していて社会福祉だけが再受験と
いうのであれば、思わぬ盲点になる可能性がありますので注意が必要です。

そこで役立つのが、保育士試験科目別リベンジセット「社会福祉」です。

「社会福祉」の頻出事項をしっかりと穴埋め方式のポイント集で抑えた後、予想問題集で問題
演習を重ねることで、本番でも緊張することなく受験できます。

ここ数年、出題が増えている事例問題も予想問題集に含まれていますので、短期間で効率よく
社会福祉の科目の試験対策が行えます。

【詳しくはこちら】

お知らせ

他科目の「保育士試験科目別リベンジセット」の詳細は以下のリンクからどうぞ。

⇒社会的養護
⇒教育原理
⇒こどもの食と栄養
⇒保育の心理学
⇒子どもの保健
⇒社会福祉
⇒保育原理
⇒保育実習理論
⇒児童家庭福祉

このページの先頭へ