驚異の高校受験勉強法マニュアル

koukouns

>>公開は終了しました<<

地域によって、都道府県内で学区単位に分かれていたり、全体が1つの学区になっているという
違いはあるとしても、トップレベルの公立高校に進学できるのは優等生でないと無理だと思って
いませんか?

公立高校受験の場合には、入学試験の成績だけでなく内申点が反映されることが一般的です。

中学校での定期試験や通知表の成績が悪ければ、当然ながら内申点の点数も低くなりますので、
公立難関高校の場合には入学試験で満点がとれても不合格になるケースが十分にありえます。

このような背景を考えれば、普段から成績が優秀なだけでなく、課外活動にも積極的に取り組む
「優等生」のほうが、劣等生や補導経験・前科持ちの不良学生などと比べて内申点という観点で
考えれば、非常に有利なことは言うまでもありません。

しかし、劣等生だからといっても公立トップ校への進学を諦める必要はないと言うのは大平俊介
さんです。

別に、限りなくゼロに近い確率だけど、努力すれば成功できるといった精神論を言っているわけ
ではなく、優等生が行っている勉強法を身につけることで短時間で効率よく成績アップが可能に
なる
という具体策を大平さんは公開しています。

実際に、多くの成績中位・下位の中学生が、大平さんが提唱する学習法「驚異の高校受験勉強法
マニュアル
」を実践することで偏差値を一気に20、30と上げている実績があるからです。

学習塾や家庭教師、通信講座などでは勉強の内容は教えますが、勉強法を教えません。
もし、運良く、効果的な勉強法を学習塾の講師から学べたのであれば非常にラッキーです。

ほとんどは我流で勉強しろという具合ですから、勉強法を身につけた人が短時間で効率よく成績
アップしていく一方、何も知らないと毎日何時間も勉強を続けたところで全く身につかないだけ
でなく、テストの成績も上がらずに強い挫折感を味わうだけです。

これでは、勉強時間ばかりを伸ばしたところで全く意味がありません。

驚異の高校受験勉強法マニュアルを活用して、一気に成績を上げましょう。
内申点の事を考えれば、少しでも早く実践したほうがいいことは言うまでもありません。

このページの先頭へ