プリンシパル橘るみのバレエ上達練習法

ballet

checkout

バレエで上達するためには練習を繰り返して演技力を高めなければいけないというのが一般的な
考え方ですが、ほんとうに正しいのでしょうか?

もちろん、全く練習もしなくても本を読めば上達できるというほど甘いモノではありませんが、
生まれつきのセンスや才能がなければバレエが上達しないとか、単調なバーレッスンの繰り返し
ばかりで、いくら練習を続けていても上達しないといった悩みを抱えているかもしれませんね。

バレエダンサーでバレエ指導者の橘るみさんは、バーレッスン一つをとっても機械的に想定通り
の動きができるようになるためだけに練習をするのではなく、ちょっとした考え方や取り組み方
を変えるだけで成果に大きな違いが出てくる
と指摘します。

しかし、バレエ指導者がバーレッスン中に考えるべきことや取り組むことを教えることがなく、
想定通りの動きができるようになるために反復練習を押し付けることが問題なのです。

無心で練習に集中するのもいいですが、いろいろな事を考えながら練習に取り組んでいくのも、
効率よくレベルアップしていくのは効率的だということは、意外に知られていません。

もちろん、雑念を常に頭に巡らせろと言っているわけではありませんし、バレエの練習で怪我や
故障をしない程度の集中力は必要ですが、ストイックにこだわり続けることだけが正解でもない
というわけです。

同様に、表現力を向上させるのはセンスや才能などではなく、考え方や練習法を変えることでも
上達できるものです。

そこで、橘るみさんが効果的なバレエ上達法・練習法をだれでも手軽に学べるようにマニュアル
にまとめて公開しました。

それが「プリンシパル橘るみのバレエ上達練習法」です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ