超雑談術「鈴木式」

zatudan

checkout

あなたは雑談を何時間も続けられますか?
用件以外は何も話せずに沈黙がちな状況になっていませんか。

いろいろと雑談のネタを仕入れたり、知識を増やしたりと努力してきたかもしれませんが
実際には何の役にも立たずに沈黙するといった経験を何度もしてきたと思います。

「聞き上手」になろうと思って、相手の話を聞く事に特化したのはいいけれど、いつの間
にか相手が話をしなくなってしまい、再び嫌な沈黙が襲ってくるという経験もしたことが
あるのではないでしょうか。

心理カウンセラーの鈴木雅幸さんは、その原因として会話に関する間違った知識や誤解
あげられると指摘します。

具体的には、「うまく話そう」とか「話題を出そう」といった考え方自体が雑談できずに
沈黙してしまう原因だと鈴木さんは指摘しますが、分かったような分からないような状況
ではないでしょうか。

結論から言えば、「たった一つのこと」に気を付けて、相手に「ある言葉」を投げかける
ことによって、いくらでも雑談で盛り上がることは可能になると鈴木さんは言いますが、
ちっとも具体的じゃないよと愚痴りたくなったと思います。

この答えが知りたければ、超雑談術「鈴木式」を見ればいいですよなどと露骨にセールス
されても、それだったら必要ないと言いたくなるのは当然でしょう。

検索すればいくらでも答えが見つけられるという気持ちがあるでしょうし、運良く正解を
引き当てることができるかもしれませんね。

ぜひとも答えを見つけ出して下さい!

コロンブスの卵と同じで、一度知ってしまえばアタリマエのことのように思えますから、
トレーニングを積み重ねて高度な技術を身に付けるというよりは、見つけられるか見つけ
られないかの違いでしかなく、見つけられなければ何時までたっても苦しみ続けることに
なるだけです。

ほどほど検索や調査に疲れ果てた時に、超雑談術「鈴木式」に答えが書かれていることを
思い出せば十分です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ