二級建築士簡単合格法

2kyuken

checkout

2級建築士試験の学科試験は3ヶ月あれば合格できる
と断言するのは和田幸徳さんです。

学科試験に合格できても、設計製図試験で不合格が続いてしまうと学科試験の合格が無効に
なって、再び学科試験からやり直しということも珍しくありませんし、設計製図試験までを
含めると、とてもじゃないが3ヶ月で合格できるわけがないと思うのは当然でしょう。

しかし、学科試験だけをみても、計画、法規、構造、施工と4科目ありますし、それぞれが
専門的な問題が出題されますので、勉強しなくても社会常識だけで正解できるほどには簡単
なものではない
ことは、改めて指摘するまでもないでしょう。

それでは、どのようにして二級建築士学科試験対策をすれば3ヶ月で合格レベルに到達する
ことができるのでしょうか?

和田さんの答えは以下のとおりです。

  • ある形式の問題集・法令集を使う
  • 問題集だけを用いて試験対策を行う
  • 1日33問(約1.5時間)の問題を解く

具体的な内容は「二級建築士簡単合格法」を見れば分かりますといっても、これではあまり
に不親切すぎますので、さらに詳しく見て行きましょう。

士業試験(建築士も「士業」ですが、ここでは司法試験などの最難関試験をさします)など
のような膨大なボリュームのインプットが必要な試験では現実的ではありませんが、一般的
な資格試験においては参考書や標準テキストなどを使って勉強をするよりも、問題集主体で
試験対策をしたほうが効率的
なことが知られています。

しかし、問題集であれば何でもいいというわけではなく、試験毎に最適なものを選ぶ必要が
あります。

丸暗記するほどに過去問だけを何回も繰り返し解いていれば合格できる資格試験もあれば、
頻出分野は決まっていても、問題の出題方法が毎回少しづつ違っているために過去問だけで
不十分なところを別の問題集で補う必要がある資格試験もあったりとさまざまです。

また、勉強法にも大きな違いがあります。

しっかりと勉強時間を確保して取り組まないといけない場合もあれば、スキマ時間を効果的
に用いることで、勉強時間をまとまって確保できなくても合格レベルに到達できる学習法も
あるわけです。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ