シナリオ式イメージング法

s-image

>>公開は終了しました<<

潜在意識を書き換える方法というのは、さまざまな種類が存在します。

有名処ではNLP(神経言語プログラミング)やアファメーション、サブリミナルメッセージと
いった方法があげられますが、潜在意識を動かすためにはイメージの力が効果的だと指摘する
のは加川逸芳さんです。

加川さん自身も潜在意識を書き換えるのに苦労した一人ですが、目標達成後の状況を肌感覚で
イメージングするのが特に難しかったと当時を振り返ります。

何しろ、全く実感が無いところに無理やりイメージを膨らますようなものですから、想像さえ
できないためにリアル感が皆無というケースも決して珍しくありません。

そこで、加川さんが着目したのが「漫画のシナリオ」作成法です。

シナリオの作り方は漫画家によって違いがありますが、登場人物とおおまかな流れを考えた後
自分が主人公になった気持ちになって、他の登場人物と会話をしたり、シーンを思い浮かべて
主人公が一人の時は心の声も含めてICレコーダー等に全て録音し、一通り済ませたら録音した
音声を聞き直して整合性を合わせるという手法を採用する人もいます。

その人によると、録音した音声を聞く事で、あたかも自分が本当にその漫画の世界で主人公で
あるかのような錯覚を受けるほどに、肌感覚でリアルにイメージができる
と強調します。

つまり、漫画のシナリオ作成ではなく、あなたの潜在意識を書き換える目的で用いても、同じ
結果が得られると加川さんは考えて実践した結果、想定通りに潜在意識を書き換える事に成功
したのです。

その具体的な手順は「シナリオ式イメージング法」にまとめられていますので、あなたも潜在
意識を書き換えて自己実現や願望達成をしたいのであれば身につける必要があります。

このページの先頭へ