ドライバー基礎ゴルフ上達術

driverks

checkout

ドライバーで遠くに飛ばすことだけがゴルフじゃない
とは、日頃の練習がドライバー偏重になりやすいアマチュアゴルファーに対する警鐘としては
効果的ですが、この言葉を真正面に受けすぎてドライバーの練習をしてはいけないと勘違いを
するのは、あまりに極端すぎます。

あくまでも、ドライバーの練習だけにこだわるのは、スコアアップにとっては無意味だと指摘
しているだけであり、ドライバーの練習をしないでコースマネジメントだけでシングルなどを
目指すのは無理な話
です。

100切りならドライバーを使ったティーショットが苦手でもアイアンの練習とパッティング、
コースマネジメントを鍛える事で達成できますが、90切り、80切りとなると、そうはいかない
わけです。

あなたもドライバーの飛距離を伸ばして、思ったところにボールを落とせるように練習をして
きたとは思いますが、さまざまなゴルフ理論に振り回されてはマスターできずに、中途半端な
自己流になっていませんか?

基礎があいまいで、何となく上達してきたと誤解しがちな「自己流」では、行き詰まった時に
これ以上は上達できなくなる
と指摘をするのはレッスンプロの吉本巧さんです。

世界的なプロゴルファーが口をそろえて「基礎がしっかりとできていないと上達できない」と
指摘をしていますし、あなたも実感しているのではないでしょうか。

もし、あなたがゴルフを始めたばかりというのであれば右も左も分からない状態ですし、最初
に基礎を身につけなければ上達できないのは当然ですから、何を今さらと思うかもしれません
が、ゴルフの経験値が増えるほどに、基礎を忘れてしまって、手当たり次第にその場しのぎの
「対策」を取りたがる傾向が出てくる
ものです。

3メートルのパターを沈めるコツや小技
といった言葉に気を取られるようになって、あなたが今までに学んできたパッティングの基礎
を覆すような内容だったとしても、目先の利益のために受け入れては混乱するといったことを
繰り返すようになりかねません。

だからこそ、プロゴルファーでも自戒を込めて基礎が大事だと強調しているのです。
アマチュアゴルファーだからといって基礎は不要などと言えるわけがありません。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ